商品No. #450183
帯
写真を1ページで見たいかたは、こちらをクリック

一枚ずつ見たいかたは、下のサムネイル画像をクリックするか、上の画像をクリッ クしてください。



        この商品のお問合せ

よく似た色の商品を探す
リサイクル 名古屋帯 
【川島織物】 唐花唐草
商品名名古屋帯
価格¥11,430(税込)
¥8,001(税込)
年代戦後から昭和中頃
状態良い
生地
サイズ
  長さ
  太鼓部分の幅と長さ
  胴部分の幅と長さ
31.5cm
336cm
31.5cm × 110cm
16cm × 226cm
重さ0.81kg
うねりのような意匠に菊のような唐花唐草模様が織り込まれた、川島織物謹製の名古屋帯です
意匠の一部に引箔や金糸があしらわれており、しとやかにきらめきます
生地は光沢のある、やわらかな正絹です
*336cmと短めのお仕立てです

たれの内側に川島織物さんの帯であることを示す三本線と軍配マークに、
「川島織物」の織り出しがあります

たれの両サイドにほつれがみられ、糸が弱っているようです(傷みの写真3枚目)
たれ先のサイドはスレて糸が緩んでいますが、そこまで目立ちません(傷みの写真1枚目)
線状にほつれがありますが、お太鼓に隠れて見えない部分です(A)
全体が薄く変色していますが、あまり目立ちません(傷みの写真4枚目)
前柄近くの引っ掛けは、ほとんど目立たないものです(傷みの写真6枚目)
締め跡の筋は薄く、ほとんどわからない程度です(傷みの写真2枚目)
その他着用の際は隠れる部分に傷み汚れがありますので、詳細は図と写真をご確認ください(黒字-表、赤字-裏)

サイドの縫い糸が弱っているため、着用するには手を入れて頂く必要がありますが、まだまだお召し頂きたい優美な一品です
おしゃれな意匠をお楽しみくださいませ

文:野間

【川島織物】
1843年(天保14年)に、初代川島甚兵衛が京都西陣で織物業をはじめた事を起源とする会社である。
呉服・美術工芸織物と、カーテンなどのインテリア製品の生産という二つの事業を行っている。
三本線と軍配のマークが特徴である。格調が高く精緻なために人気である。
その中でも本袋帯は厚みが均一になっていて締め心地が良いために特に評価されている。
*おおよその地色 - HTML code (BF8A58)

■■■


画像をクリックしていただくと大きな画像がひらきます
帯帯帯帯帯帯帯帯帯帯帯
帯帯帯帯帯帯帯帯帯帯

これを見たひとは、これも検討しています

袋帯
商品No.#439392
¥7,998
袋帯
商品No.#453122
¥8,001
昼夜帯
商品No.#458044
¥17,170
袋帯
商品No.#453149
¥3,101
丸帯
商品No.#450954
¥16,177

同様の商品はこちらです

名古屋帯
商品No.#388332
¥5,752 ¥1,725
名古屋帯
商品No.#397932
¥1,972 ¥1,380
名古屋帯
商品No.#426717
¥1,971 ¥1,379
名古屋帯
商品No.#257828
¥5,649 ¥3,954
名古屋帯
商品No.#410961
¥2,643 ¥1,850