商品No. #459736
帯
写真を1ページで見たいかたは、こちらをクリック

一枚ずつ見たいかたは、下のサムネイル画像をクリックするか、上の画像をクリッ クしてください。



        この商品のお問合せ

よく似た色の商品を探す
リサイクル 袋帯 
【大脇一心】 
籠に辻が花など草花模様
商品名袋帯
価格¥8,000(税込)
¥5,600(税込)
年代昭和中頃以降
状態良い
生地
サイズ
  長さ
31cm
446cm
重さ0.8kg
籠に辻が花や女郎花(おみなえし)、桔梗などの草花模様が織り出された、エレガントな袋帯です
銀糸のきらめくシンプルな意匠が、幻想的なひと品です
前柄は締める向きによって、それぞれ違うデザインを楽しんでいただけます
生地はややハリのある正絹で、さらりとした手触りです

たれには大脇一心氏の銘と落款が織りだされています

うまく結べば隠せるかもしれませんが、お太鼓上部に小さなシミがひとつあります(傷みの写真1枚目)
お太鼓上部のサイドの引っ掛けは細かく、着用の際はあまり目立たない位置です(傷みの写真2枚目)
はっきりと締め跡の筋があります(最後の写真)
詳細は図と写真をご参照ください(黒字-表、赤字-裏)

お太鼓の傷みがあり、着用には個人差がありそうです
お洒落な装いを、お気軽にお楽しみください!

文:野間


【大脇一心(おおわき いっしん】

「西洞院(にしのとういん)辻が花」で知られる辻が花絞り染めの大家。
“幻の染め”と呼ばれる「辻が花」の持つ不可思議な美しさに魅せられ、独自の世界観で現代の「辻が花」を創作し続けている。
1958年、吉村春吉に師事し、染色の世界に入る。その後の約5年間のニューヨーク在住で、自身の美の感性を研ぎ澄ませた。
1987年、全国日本学士会より「アカデミア文化賞」を受賞。また、東京歌舞伎座の大緞帳を2度も手掛けている。




*おおよその地色 - HTML code (F9FFF2)

■■■


画像をクリックしていただくと大きな画像がひらきます
帯帯帯帯帯帯帯帯帯帯帯
帯帯帯帯帯帯

同様の商品はこちらです

袋帯
商品No.#448322
¥3,920 ¥2,744
袋帯
商品No.#464208
¥9,180 ¥6,426
袋帯
商品No.#465182
¥3,320 ¥2,324
袋帯
商品No.#457448
¥5,446 ¥3,812
袋帯
商品No.#455480
¥5,446 ¥3,812